記憶に残る魚・・・

 30歳半ばまで、そうフライフィッシングを本格的にはじめる前まで、スキューバー・ダイビングをやっておりました。止めるきっかけとなったのは体力!海外に遠征してもガイド無しの冒険ダイブ、しかも結構な場所を潜ったりしないとアドレナリンが出ず満足できなくなってました。そんな荒っぽいダイビングをやれる体力がなくなったというのが一番の原因でしょうか・・・

 んで止める2年前に、こんな魚を見まして・・・
3mくらいのまるで牛みたいなハンマーヘッド、8mくらいのジンベイザメ、その他もろもろを見てきましたが、一番ドキドキした魚。
f0023525_563361.jpg
f0023525_56427.jpg

 ジャイアント・グルーパー・・・和名ではタマカイというハタ科の魚です。
こいつが外洋に面したドロップオフ沿いにコースをとっていた私のほんの数メートル先の洞窟から、にょっ!と頭を出した時は息が止まりそうでした・・・
 最初はお互い睨めっこ状態でシャッターを押すことができませんでした。少し悩みましたが、すぐに仲間に知らせましたね・・・自然界で遭遇するには珍しい魚、サイズであるのと張り詰めた緊張感が・・・なんとかシャッターを押し、唯一撮れた写真。2枚目は距離があったので、ほとんど見えない写真、なんとなく魚の輪郭が(笑)。私たちを牽制するように深みに落ちていきました・・・
 頭についているコガネアジは30cm程・・・この魚3mを超えてたんですよ。
正直食われるというか、攻撃されるかもという、それまでにない直感が・・・サメなんか一度も怖くなかったんですが、こいつだけは・・・
 場所はモルディブのとある環礁、クルーズで早朝に潜ったときに出会った魚です。
つい写真を整理してたら出てきましたので、UPしてみました・・・
(また行ってみたくもなりますね・・・)
[PR]

by abelkun | 2007-08-05 05:13 | お遊びいろいろ