尺取物語~5~

 今回の石徹白釣行では、人生初の尺レインボーをキャッチしたものの、明らかにブログネタやん!とニヤニヤしていた私がそこにいました。
まずは、先週ガイドしていただいた山猿軍団、同い年の“なかぢ”さんにメール。
ちょっとはウケたかな?と思いながらも祝福のメールを頂戴し、シャーロットの駐車場で一人夜を過ごした次第。
 
f0023525_2461672.jpg

 
 翌日には岡田さんのスクールなどもあり、山猿軍団の方々が石徹白入りするということで、ごあいさつも兼ねて午前中まで釣りをして帰宅予定でした。
“なかぢ”さんからメールがあり、翌日はお仕事を終わらせてから夜に石徹白入りするとのこと。“なかぢ”さんにもお会いしたいと言う気持ちもあり、さらに一泊することに。結果的にはこのことが石徹白の女神様を微笑ませてくれた訳になるのですが・・・

 早朝から多くのFlyFisherが峠川に入っていってました。
私も8時半頃に入渓し、RODを振ってたところ・・・後ろからもの凄い勢いで釣り上がって来る釣り人が・・・チラっとサングラス越しに見ると、こちらをじっと見ています・・・ちょっと怖~とaelkun。
恐る恐る目を合わせると、なんと!山猿さんではありませんか!(笑)
私を見つけ、釣れているかどうか心配されたのでしょう。山猿さんと談笑しているとチョッピリいいサイズのイワナがFLYを咥えてくれました。
f0023525_2544696.jpg


 ポイントを伺い、釣り上がっていくと20~27cmくらいのグッドサイズのパッツンパッツンのイワナ、それに綺麗なアマゴが釣れてくれました。

 駐車場に戻ったところで山猿軍団の方々にごあいさつ。それから、お昼に“満天の湯”に。
f0023525_3391018.jpg

いいお湯でしたよ~

 この日は人も多かったこともあり、4時くらいからイブニングの場所とりに。
そこで石徹白の仙人こと93歳のご老人の方と釣り談義。おじいさん、足がお悪い様子で杖をつきながらテンカラ竿を振られるとのこと。ちょっとマテ・・・昨日もここで釣りされてた人だと気づき、もうすぐイブニングタイムだったけれども、場所を譲り昨日のレインボーポイントへ移動。



    abelkun、一日一膳な男です・・・(意味フ




    そして~2~でタイイングした、写真のクイルボディーパラシュートで釣れました。
    





     
f0023525_39662.jpg

   祝!はじめての尺イワナをキャッチ!31cm~うれぴ(笑) 
f0023525_3135278.jpg

f0023525_3211282.jpg

 強引さも必要な時もある、ちゅーことで4番RODに5Xティペット、12番フック。



     今回、再確認・・・“お年よりは大切に、ポイントは譲りましょう” 



 興奮冷めやらぬまま、峠川にささっていた私・・・写真も沢山とりました(笑)
んでもって山猿軍団の方が待つ駐車場にダッシュ!皆さんに祝福していただき、さらに晩御飯、駐車場での宴会にまで参加させていただきました。
 
 翌日、帰宅時間をさらに時間を延長し、山猿さん達と峠川、峪を釣ることに。

 駐車場の前のプールにて激シブのアマゴを見事キャッチされたRollyさん。
一部始終を見ていただけに流石・・・あの魚、私には絶対ムリっす。
f0023525_3205734.jpg


 峠川にて次々に釣っていく なかぢ さん。後ろで見てましたが、よ~釣りはります。
f0023525_323493.jpg


 みんなで、とある峪に入渓。
f0023525_3242774.jpg

これぞ、渓谷という美しさ!んでもって笑の絶えない釣行でした。
f0023525_325286.jpg


 お昼に、ひと足先に帰途につくことに。帰路は裏道など、山猿さんに教わりながらWフォレ。
f0023525_337225.jpg



 
 そして何より、人生で絶対に忘れられぬ釣行となったことは言うまでもありません!!
山猿軍団の皆様、またも御世話になりました!


                     ~ 尺取物語 シーズン1 完 ~
 
 
[PR]

by abelkun | 2007-06-05 03:31 | FlyFishing 釣行記