2006 夏キャンプ ~山ノ村キャンプ場~

 昨年から、キャンプってのをやっています。
四国の渓流に行った時がきっかけでした。「小川キャンプ場」という、サイト使用料、水道代、施設(トイレ、駐車場とか)が今時無料で、しかも直火ができるキャンプ場でした。風呂も向こう岸に温泉があり、便利なキャンプ場でした。GWや夏休みは長期間出かける事が多く、というか好きなようで、宿代をケチる意味も当初はありました(笑)
 今年のGWに英虞湾周辺のキャンプ場に行きました。「市営ともやま公園キャンプ場」は料金も周辺に比べれば格安で環境も良かったです。
 このキャンプまでは量販店で購入したテントなどを使っての貧乏キャンプでしたが、長期キャンプ(3泊以上)になると、多少の快適性が必要になります。そこでまず、広いスペースあるテント、広い日陰をつくれるタープ、そしてランタン、テーブルなどをオークションなんかで買い揃えました。
 釣りのついでのキャンプでしたが、釣れないのでキャンプがメインになりそうです(笑)

 今年の夏休みなんですが、当初、高知の四万十川上流にある「天満宮前キャンプ場」に行く予定でした。岐阜の平湯キャンプ場と悩んだのですが、混み具合(人間の密度)を考慮した結果と川遊びをしたいということで。
 しかしながら台風10号?だったか・・・の進路が四国方面に向いてたこともあり、13日の出発30分前に行き先変更!(笑)。事前に岐阜のキャンプ場を調べていた記憶から、予約が必要のない?「山之村キャンプ場」に決定しました。 


 13日の深夜に出発し、平湯経由で休憩を入れて6時間の行程・・・とりあえず、現地に着きましたがお盆休みともあって林間サイトは一杯でした。運良くというか月曜日ともあって午前中に撤収する家族が多々あり、白樺、栃の林の中のサイトに設営することになりました。
 このキャンプ場は標高1000mにあり、8月でもお昼の数時間以外は涼しく、何と言ってもキャンプ場が綺麗なこと!これは管理人さん達のお陰でしょう。
 風呂が5分200円のシャワーしかないことが不便といえばそうですが、我が家は1時間かけて平湯にある「神の湯」新穂高温泉の桂留萱山荘の外湯に行きました。栃の湯温泉の公衆露天風呂は、湯も汚く、女風呂を覗くオヤジが多々・・・お勧めしません。

林間サイトは涼しく快適。7、8サイトしかないので早い者勝ち。
アブも思ったほど多くはなく、夜ランタンに寄ってくる虫も心持少なかった感じ。
ここで5泊6日のキャンプをしました。中日に夕立で新調したばかりのタープにトラブルがあった他は気持ちいい滞在でした。
f0023525_18423263.jpg

 

 キャンプ場の中には渓流というか小川、そしてキャンプ場の側を流れる渓流があります。
キャンプ場から10分も走ると、農村があり、渓流も里川といった感じでした。
数時間だけ竿を出しましたが・・・穴場というか、パラダイスかも(笑)
 真夏のドピーカンの日中にもドライにポコポコ岩魚、ヤマメが出てきます。写真はチビヤマメチャンですが、飽きない程度に釣れたので楽しかったです。f0023525_18421069.jpg
 キャンプ場の小川には養殖イワナ、ニジマス、ヤマメを放流し掴み取りのイベントをやってました。もちろん参加(笑)1匹100円でしたが、イベント以外で釣ったり捕らえたりする分は、どうも無料(笑) かなりの夕立があった翌日、ちょいと竿を出したら天然イワナも含め30分程で4,5匹ゲットできました。貴重なタンパク源として今回は胃袋に。
f0023525_18422565.jpg

 そういえば、初日キャンプ場までの峠でサルを見て、夜間にはタヌキ、そして4日目にはキャンプ場から1,2キロのところでツキノワグマの子どもを見ました。たぶん、車からエサになる菓子なんかをまいたりしてるのかもしれませんね。はぐれ小熊かもしれません・・・
f0023525_18415560.jpg

 上高地にも足を伸ばしましたが、8月ともあって混雑してましたね。久々に6kmくらい歩きました。途中、梓川に大きな魚影を見つけるとソワソワしたり(笑)
 来年はGWは四万十川、夏は山之村に決まりです。
[PR]

by abelkun | 2006-09-10 18:49 | キャンプ録~軽い路上生活~